最高の歯科医療について| 鹿児島の歯医者 エール歯科医院 医療法人 寛陽会 YELL DENTAL CLINIC −夜8時まで、土日診療OK!お気軽にお電話ください。Tel. 099-298-5454

最高の歯科医療について

こんにちは、院長の戸川です。

 

歯科医療の目的が、お口の中の健康(よく噛める・美しい口元)を生涯保つことであるとすれば、「最高の歯科医療」と言えるものは治療ではなく保健指導、つまり「お口の中の健康の大切さを伝えること」と考えられます。なぜなら、歯を失う原因のほとんどが虫歯と歯周病で、どちらも生活習慣病といわれ、本人の努力次第で予防できるものだからです。

 

具体的には、若いうちから歯ブラシ・その他のケア用品で毎日しっかりプラークコントロールを行い、3か月に1回メンテナンスに通う生活習慣があれば、よく噛める・美しい口元を生涯保つことができるということです。

 

では、治療の中では?・・・私の独断のランキングを発表します。

 

 

1.ドックスベストセメント(もしくは3mix)

 

一般的に神経を残せないケースでも神経を取らずに治療できる場合があります。神経を残すメリットは大きく、将来的に歯の寿命がかなり延びると考えられます。

当院でも症例が増えてきていますが、予後はかなり良いようです。

 

2.歯周病治療全般

 

大人では虫歯以上に抜歯に至るリスクの高く、糖尿病や心臓病等とも関連がある歯周病に対する治療です。保険治療では術者により治療効果に差が出やすいですが、保険外で病原菌を除菌する治療もあります。

 

3.インプラント治療

 

抜歯に至ってしまった場合の現在一番理想的な治療です。他の歯の寿命を縮めかねないブリッジや入れ歯に対して、他の歯の健康を守ることが期待できる治療です。

 

 

(その他)審美・矯正治療・ファイバーコア・歯牙移植

 

 

歯を「削る」・「抜く」治療とは違い、お口の中の健康に積極的に貢献できる治療は、殆どの歯科医療従事者がやりがいを感じることと思います。皆様も参考にされて下さい。

 

 

 
お問い合わせ
お問い合わせ