予防歯科| 鹿児島の歯医者 エール歯科医院 医療法人 寛陽会 YELL DENTAL CLINIC −夜8時まで、土日診療OK!お気軽にお電話ください。Tel. 099-298-5454

予防歯科

虫歯、歯周病は毎日歯をみがけば予防できると思われていますが、日本の80歳の方が平均的に残している歯の本数が約7本というデータからもご自宅での歯みがきだけでは限界があります。
それは病原菌である虫歯菌や歯周病菌がお互いに連鎖し合って膜『バイオフィルム』となるからです。このバイオフィルムは歯みがきでは落ちません。定期的にプロのスタッフによって機械的に取り除くことにより、虫歯や歯周病を予防します。プロの技術によって隅々まで痛みなく歯の表面を傷付けずに清掃します。

痛くなってから慌てて歯科にくるのではなく、痛くなる前、ひどくなる前から一緒に予防していきませんか?ぎりぎりまで我慢するのは、歯にとって本当によくないことです。
ずっと自分の歯で過ごしたいと思うならば、予防歯科は欠かすことの出来ない大切なことです。

スウェーデン90%。日本はわずか2%??
スウェーデン90%。日本はわずか2%??
各国の歯科定期健診&クリーニング受信者の割合

日本に次ぐ世界第二の長寿国スウェーデンの80歳の老人の歯の残存数は、日本人の2倍以上(21本)で自分の歯で生活できる方が多くおられます。
それは、スウェーデンのみなさんは定期的に歯科健診・クリーニングを受けて歯を大切にしており、治療のためでなく、メンテナンス(歯の汚れの除去や、歯や歯ぐきの健康チェックと予防)のために歯医者に行くのが普通と考えているからです。これはアメリカやヨーロッパ各国も同じです。
一方、右のグラフを見るとわかるように、日本人のメンテナンス率はわずか2%です。
自分ではきれいに磨けない歯は、プロの手にゆだねて定期的にしっかりときれいに磨いてもらいましょう。
ケアに対する違いが、同じ長寿国でもしっかりとした歯を持ち続けるスウェーデンの人たちと、私たち日本人との大きな差になって現れています。

自分や家族の歯の寿命を延ばすには・・?
自分や家族の歯の寿命を延ばすには・・?
自分や家族の歯の寿命を延ばすには・・?

まずは自分の歯の本数、虫歯のリスク、歯周病の状態を正しく知ることから始まります。
そして積極的に定期健診(リスクチェック)、クリーニングを行っていくことです。
生涯自分の歯で過ごす為にも、しっかりとしたメンテナンスを受けられることをお勧めいたしております。

お問い合わせ
お問い合わせ