オールセラミッククラウン・ジルコニア| 鹿児島の歯医者 エール歯科医院 医療法人 寛陽会 YELL DENTAL CLINIC −夜8時まで、土日診療OK!お気軽にお電話ください。Tel. 099-298-5454

オールセラミッククラウン・ジルコニア

透明感のある自然な歯を被せて治すためには、自費の治療となっている陶材焼付け冠(メタルボンド)や、オールセラミッククラウンを利用する方法があります。いずれもセラミックを利用することで、時間が経っても色がくすむことはありません。弾性率も天然の歯に近いため、咬み合う歯にも優しい材料です。

オールセラミッククラウンの特徴
オールセラミッククラウンの特徴
  • 冠の全てをセラミックで作り上げる冠のことです。
  • 自然な光を透過する優れた美しさをもつ。
  • 金属を一切使わないため、金属アレルギーの方にも安心。
  • 歯肉とのなじみも良いため、かぶせ物周辺の歯肉の健康も維持できる。
  • はぎしりのある患者さん、咬み合わせの状態などによっては、利用できない場合がある。
メタルボンドクラウンについて
メタルボンドクラウンについて
  • セラミックを金属の枠組みに焼き付けて作る冠
  • 強度があるため、咬む力の強い患者様でもある程度使用可能。
  • 経年的に金属が露出して歯肉との境目が黒く見えてくる。
  • 元の歯や咬み合わせの状態によっては、自然な歯の透明感が思うように出ないことがある。
ジルコニアについて
ジルコニアについて

ジルコニアは腐食にも強く、体ともよくなじむことから医療分野でも広く使われ、歯科の審美性の高い治療の素材としても注目を集めています。オールセラミックにジルコニアを使用することで、従来のセラミックでの強度の心配がなくなり、奥歯や複数歯の連結されたブリッジなど使用範囲が大幅に広まりました。

歯の型をとるまでは、今までのオールセラミックの治療法と何ら変わりません。しかし、「白い金属」といわれているジルコニアは、ここから患者様にとって魅力的な能力を発揮していきます。

  • ジルコニア(二酸化ジルコニウム、化学式:ZrO2)は、ジルコニウムの酸化物です。
  • セラミックの中では、最も強度や耐熱性が高いといわれ、人工ダイヤモンド、スペースシャトルにも使われています。
ジルコニアの利点
ジルコニアの利点
  1. 通常のオールセラミックより透明度が高い
  2. 金属よりも硬く丈夫である
  3. 金属アレルギーが生じない材料である
  4. 変色のない材料である
  5. 通常のセラミック処理より歯を削らずに済む場合がある
  6. 奥歯でも使用可能である
ジルコニアの他の材料に比べると・・・
ジルコニアの他の材料に比べると・・・
  1. とても硬いので、セット後に問題が生じた場合除去が困難
  2. CAD/CAMという技術で削りだすので複雑な形態は無理
  3. 接着をあげる場合、専用のセメントを使用しないといけない
ジルコニアを臨床で使用し感じてるメリット
ジルコニアを臨床で使用し感じてるメリット
  1. 若くて透明度が高い白い歯の色調に合う
  2. 奥歯でもメタルフリーの治療が可能
  3. 咬む力が強い患者さんでもメタルフリーな治療が可能

e.max オールセラミック

e.max とは、最先端のオールセラミック材料で高い強度と均一性を持った白くて美しいセラミックのことです。

img_emax

このセラミックは正確にフィットする詰め物あるいは被せ物を作成することができます。
今までのセラミックよりも5倍ほど硬いもので、今まではありえなかった強度を誇る均一性の高いものになります。
したがって滅多に割れることがなく、安心して使用していただくことができます。

メリット
  1. 透明度と審美性が高い
  2. e.max は製作する材料自体が高い透明度を持っており、透明度と見た目の美しさが非常に高い
  3. 天然歯に対して優しい
  4. 高い強度が去ることながら、天然歯に近い摩耗性を持っているため、かみ合わせの対象が天然歯でも先行して摩耗するため天然歯に優しい
デメリット
  1. 保険診療ではなく自費診療になるため、保険適応外になり患者様の負担が100%になるため高額になりやすい
  2. 従来のセラミックはフレームにセラミックを盛るため応用がききやすいが、e.max はブロックを削って作るため色合いが複雑すぎると再現ができない
お問い合わせ
お問い合わせ